もし東京に核が落ちたら千葉市まで被害が?北朝鮮関連のニュースにゾッとしました

北朝鮮をめぐる報道が連日なされていますが、今日もニュース記事を読んでいて気になるものを見つけました。もし、日本の東京に12キロトンの核弾頭が落ちた場合、都市の90%が一瞬で破壊され、さらに千葉市のあたりまで汚染地域が広がるという試算を、アメリカ国防総省が出したそうなのです。知らなかったのですが、防毒マスクや核シェルターの売り上げも日本国内で増えているそうで、みんな密かに危機感を募らせているんだな、という気がしました。日本は戦争中、二度も核弾頭を落とされ甚大な被害を出していますが、あの頃よりはるかに大きな核を落とされたらその被害は一体どこまで拡大するのか、想像もつきません。東京が破壊されるだけではすまず、その後の果てしない放射性物質との戦いで、日本はほぼ壊滅状態になるのではないかと考えてしまいます。昔、何かの折に目にしてきた壊滅状態になった広島や長崎の街が思い出され、あんな光景がまた日本で繰り返されるのかもしれないと思うだけでゾッとしました。もし本当に核が東京に落とされたら、核シェルターで一時的に難を逃れたとしてもその後同じ土地で生き延びることなど不可能だと思います。広島や長崎に原爆が落とされた後も、身内を探すために現地に入った人が次々に放射性障害で亡くなっていますし、汚染された土地で生き延びることはまず不可能ではないかと思います。それにしても、核戦争の脅威など冷戦時代の話、という気がしてどこか暢気に構えていたのに、今になってこんな形で戦争の脅威を考えさせられるなんて、冷や水を浴びせかけられたようで落ち着きません。
北朝鮮が暴発しないよううまく外交調整してもらいたいのはもちろんですが、それ以上に平和ボケした自分自身を、少し反省しなければいけないと思いました。

まつげエクステをつけてきました

まつげエクステをつけに行きました。
小さな子供がいるのでなかなか美容院にすら行けませんが、
知り合いがマンションの一室でサロンをオープンさせて、
プライベートサロンだから子供も連れてきて大丈夫だよと言ってくれたので行くことにしました。

まつげエクステをつける時は完全に寝転んで目を閉じるので、子供が何をしているかが見えません。
しかも何でも触りたい年頃なのでお店のものを壊したりしないかとも不安でした。
普段はあまり食べさせないようなお菓子をたくさん持って行きました。

カウンセリングの段階で既にグミをひと袋食べてしまい、最後まで大人しくしていられるか心配でしたが、
知人もまつげエクステをつけながら、うまく話しかけたりしてくれました。

2時間ほどでつけ終わり、久し振りに自分にお金と時間をかけたということもあって充実感でいっぱいになりました。
また来てねと言ってくれたので絶対にまたお願いしたいと思います。
プライベートサロンの良さを実感しました。

保育士は出会い無さすぎ!!

うーん?悩むなあ。。

保育士が恋人を作るのは難しいです。なぜならば、仕事中での出会いが無さ過ぎるからです。男性の保育士は少なく、一つの保育園・保育所に男性の保育士がいないこともあります。こどもをお迎えに来る男性はもちろん家庭がありますし、パパ側が迎えに来ることもなかなかありません。つまり男性に会うことが無さ過ぎるのです。これでは休みの日に自分から外へ出て、恋人探しをしない限り難しいです。

もしも、こどもを迎えに来る男性がシングルファザーだったとしても、恋人となると母親の代わりも条件付きになるでしょう。つまり結婚も視野に入れなければなりません。血の繋がりのないコを我が子のように可愛がってあげるのはもちろんですが、デートの時もどんな時もこどもが付いてきます。二人だけの時間はあまり取れません。恋人になったことが保育園や保育所でウワサになれば、仕事もやりづらくなります。付き合うのは誰にもバレることなく、さらに結婚したとしてもその職場で続けていけるのかどうかも吟味しなくてはいけません。ただ恋人となるだけでも、その先々の事を想像して考えて、本当にこの人とお付き合いするべきかをふるいにかける必要があります。

保育士ならきっとこどもが可愛いでしょうが、もしも自分の子が出来たとして、相手の連れ子を同じように接して愛せるのでしょうか。自分側だけでなく旦那側も同じです。母親が違う二人の子を同じように接してくれるのでしょうか。連れ子側にも兄弟として接してくれるのか、小さい子ながら説明して理解してくれるのか、問題は次から次へと増えます。自分から外へ出て恋人探しをしないばかりに、ここまで考えなければいけない場合にもなります。本当に保育士の恋人探しは難しいのです。

これから保育士になる皆さま、保育園・保育所外で恋人探しをおすすめします。

持病がある子どもの居場所はゲームコーナーなの?

対戦!

私はもういい歳の大人ですが、ときどき大型スーパーのゲームコーナーに行って遊んでいます。お目当ては大好きなチョコレート菓子がとれるクレーンゲームです。もし一杯とれたら定価よりも安いし、損をしても数百円程度なので、お遊びのつもりでやっています。いつもは人があまりいない平日の夜に行っているのですが、ある日曜の昼過ぎ、買い物のためスーパーに行ったので、ついでにゲームコーナーにも行きました。日曜であるためチョコレートもタップリと盛られています。「これなら取れる!」と思い、プレイしました。取れましたよ!嬉しかったですね。これからは日曜も来ようかな、なんて思っていたら、突然悲鳴が聞こえました。
すると、子どもが倒れていました。そのすぐ近くにユニフォームを来た男性がいて、救急に電話をかけているらしいのが聞こえました。
ゲームコーナーは騒然となり、足早に出ていく人も見られました。
大変だなと思っていたら、近くにいた店員さんがペコッと頭をさげましたので見ると、平日の夜によく見かける顔見知りの店員さんでした。こんなおばさんが平日の夜にしょっちゅう訪れているため、常連として認識されているようなんですよね。
「大変ですね。」
と声をかけると、「そうなんですよね、これで3回目なんですよ。」と言いました。
どうゆうことだろうと聞いてみると、その子は持病があり、今までにこのゲームコーナーで3回倒れて、そのたびに救急車を呼んでいるそうです。
「ゲームをしないように親御さんに言われないのかな?」と聞くと、両親が共働きで(父親は休日出勤、母親はパートのシフトに入っているのでしょうか)子ども自身が、ゲームが好きなのもあるけど、倒れる時は完全に失神して意識が無くなるそうで、自宅で一人でいる時に倒れるのを怖れ、わざわざゲームコーナーに来ているようです。ここなら遊び友達がいるし、店員がいれば必ず救急車を呼んでもらえるからなのだとか。実際、倒れた時は友人がとっさに手を出して支えたため、頭はほとんど打っていないとのこと。そして救急車は電話してから5分位で到着しました。なるほど、たしかに家に居るよりも安全そうです。
「でも、店としてはちょっと困るのよね」と店員さんは言いました。
まぁ、そうですよね、お客さんは騒ぎをきらい、もうだいぶゲームコーナーから出ていってます。それに、ゲームコーナーにも、スーパーにも看護師や医者が常駐しているわけではありません。大きいスーパーだから、館内放送とかしたらもしかしたら看護師さんやお医者さんがいるかもしれませんが、そうゆう問題じゃないですよね。
もし店で重症になったら、という恐怖があるそうです。ニュースとかになったら、店は閉店するかも、と。
顔見知りの店員さんがいる、ということもあるのですが、社会人として働いている私にはこれを非情だ、とは言えません。でも、解決策も思いつきません。
子どもの両親に、どちらかは休め、とも言えませんし、子どもが自宅で一人でいた場合、本当に危険です。持病があるとはいえ、ある程度日常生活が送れるため、病院にも施設にも滞在できないそうです。もしできる所があったとしたら、そこはお金がだいぶかかるでしょう。
どうしたらいいのでしょうね。政府は女性雇用拡大を推奨していますが、こんな事例に備えた施設を作ってくれることを祈っています。

アパート近くの隠れ家カフェでまったりランチ

カラフルな石ころ

今日は久々の何もない休日。良い天気だし、家にいるのも勿体無い!ということで、アパート近くにある以前から気になっていたカフェへ行ってみることにしました。
そこは、目立たない横道に入った先にある、狭い家を改装して造ったような小さなカフェ。知っている人でないと、偶然見つけることは難しいと思います。
どんなメニューがあるかも知らずに入ったのでとても楽しみでしたが、想像以上のお得なランチでした。1080円でメイン、副菜4種、ご飯とお味噌汁、更にドリンクと本日のケーキがついていました!!これでこんなに安いなんて信じられません。都心であれば2000円近くするようなボリュームのランチでした。
まず出てきたのが副菜でしたが、これがメインかと思うような大皿に、たっぷり4種出てきました。これだけでお腹いっぱいになりそうなくらいです。
しばらくするとメイン、ご飯とお味噌汁が登場。美味しくて完食し、お腹いっぱいになりました。でもデザートは別腹。ちょうど良いサイズのケーキで、甘さも控えめで、お腹も心も満たされました。これはリピート間違いなしのお店でした。

最近の過ごし方

最近はお昼までの仕事が多いので、昼には家に帰ってきています。昼ごはんを食べて洗濯や掃除をして、本や昼寝をしてから晩ご飯の準備をしています。
今までフルで正社員として働いていましたが、旦那より私の方が朝も早く夜も帰ってくるのが遅かったので、晩ご飯を作るのはほとんど旦那でした。妊娠して体調を崩してからパートになったのですが、生活が変わりました。朝だけのパートですので、正社員の時よりも収入はもちろん少ないです。しかし自分の時間ををゆとりを持てたことや、晩ご飯を作る時間もあるので、ゆったりと過ごすことができます。今まで家に帰ってご飯を食べて寝るだけの生活でしたが、自分の時間を持てたことで、心のゆとりも持てるようになりました。今までイライラ生活していたなと思うこともたくさんあります。自分が忙しくて周りが見えていないところもありました。あと今は時間がたっぷりとあるので、友達と遊ぶのが楽しくなりました。子供が生まれるまでの間、思いっきり遊んでおこうと思います。

カフェロマーノ

最近手に入れたマキネッタ(直火式エスプレッソメーカー)でコーヒーを入れるのが楽しくてしょうがないです。濃いコーヒーを飲みたいけど、エスプレッソメーカーは高いし、場所もとるからマキネッタでいいか。と半ば妥協して買ったものだったのに、こんなにハマるとは思いませんでした。メンテナンスが簡単で、入れる過程にもレトロ感があって良い。ラテばかり作っていたので、色んなアレンジを調べたところ、エスプレッソに砂糖とレモンを入れて作る、カフェロマーノというものを発見。コーヒーにレモンは未知の味。試しにレモン汁を入れてみると、入れたてのときは熱くて味がよく分からずレモンを追加。でも、冷めてから飲んだらレモンの主張が強い!!温度とレモンの調整が難しそうですが、苦みが残らずとてもスッキリとしていて、気分をシャキッとさせたいときには良いかもしれません。この味にハマる人の気持ちが少しわかりました。

仲の良い兄妹

最近、子供達の仲が良くて親としてはとっても嬉しいです。今日は娘が晩御飯前にお腹が空いて待てないから冷蔵庫にあるみかんを見つけて食べたいと言うのですが、わたしはご飯の準備をしなければいけなかったので、息子にみかんの皮を剥いて妹に食べさせてあげてとお願いしました。息子は最近みかんの皮を向くのが好きなので了承してくれました。そして息子はちゃんとみかんの皮をむいて一つずつとって妹に食べさせてあげてくれました。そして更には息子は娘に「もういっぱい食べたからあと少しでおしまいだよ。いっぱい食べると豚になっちゃうよ。」と言いながらあげているのです。まさにママの口調だと思わず笑ってしまいましたが、ちゃんとお兄ちゃんをやってくれていておかげでご飯の準備もはかどりました。最近はそんな場面を見ることが多くなってきたので、兄妹ってこんなにいいものなんだと気付かされます。息子もいつの間にか妹思いの優しいお兄ちゃんに育ってくれていて嬉しいです。